内装解体・家屋解体

内装材の解体・分別・運び出しまでの工程を「内装解体」といいます。

建物構造体はそのままに、それ以外の部分は全て解体するスケルトン工事と、店舗や事務所に明け渡すために元通りへ戻す原状回復工事があります。

また、家屋の解体では事前調査をきっちりと行い、建物や材料の特徴に合わせた最適な工事を心がけています。
内装・家屋の解体工事をお考えの方は、株式会社三心にぜひご依頼ください。

■ 内装解体時のポイント

分離発注でコストダウン
戸建住宅や店舗の内装・解体工事と、新たな内装リフォーム工事を同じ業者に依頼するのは得策ではありません。
解体を専門にしていない会社に依頼した場合、解体工事を下請け業者に回すケースが多く、中間マージンなどの余計な費用がかかってしまいかねません。
内装解体だけを私たちのような専門業者に分離発注していただくことで、コストダウンに繋がります。

小規模な解体工事もお任せ
当社の解体工事に規模の大小は関係ありません。
内装の全解体や撤去だけではなく、一部だけの解体にも対応可能。
劣化が激しいカーポートや、腐食が進んでいるウッドデッキなど、小規模な解体工事も株式会社三心にお任せください。

■ 家屋解体のポイント

工事の範囲を明確に
戸建住宅の解体の際は、家財の処分や庭石の撤去などを併せて依頼される方もいらっしゃるのではないでしょうか?
こういった際に注意したいのは、工事範囲を明確にすること。
工事範囲を明確にしておけば、お見積りと実際の解体費用との差を最小限に留めることができます。

地中障害物による追加工事
建物の地中に埋設している以前の建物のゴミや基礎、浄化槽などを地中障害物と言います。
解体工事を進めないと有無が確認できないので、発見される度に追加費用が発生することに。
建築図面をお持ちであれば、建物内部を事前に把握することができるためより正確な工事費用の計算が可能です。

建設リサイクル法に基づく処理
解体工事で発生する廃材の再資源化が「建設リサイクル法」で義務化されています。
特に木材やアスファルト、コンクリートなどの資材は、分別・再資源化を必ず行わなければなりません。
正規解体業者である当社は、行政の届け出を含め、法令に遵守した工事を心がけています。

■ 解体方法をご紹介

手こわし解体工事
騒音や振動を抑え、環境への負担が少ない手こわし解体工事。
重機が入り込めないような狭い道路に面している住宅などで、その効果が発揮されます。
バールのような専用工具を使用し、職人の手で工事を進めていきます。

手こわし併用機械分別解体工事
現在最もスタンダードな工法が、手こわし併用機械分別解体工事。
建物内部を手こわししてから、重機を使って解体を進めていきます。
手作業と機械を併用することで、工期の短縮を効率的に実現します。

一覧ページに戻る


お問い合わせ